ノロッカはつけっぱなしでもいい?口コミレビューを確認!

スポンサーリンク

簡単に取り外しができるノロッカのチャイルドシート用レインカバー。
口コミからメリット・デメリットもご紹介!

今回は、

・ノロッカをつけっぱなしでも大丈夫な理由orNGな理由
・ノロッカの畳み方
・ノロッカの口コミレビューやデメリット

こちらについてご紹介したいと思います。

はじめに、ノロッカのチャイルドシート用レインカバーはバリエーション豊かです。

・フロントシート後ろ付けタイプ(ハンドルの手前にシートがある)
・フロントシート備え付けタイプ(ハンドルの中央にシートがある)


・リヤシート(国内モデル・海外モデル)

このように、ご自身の自転車のモデルに合わせて購入できます。

雨の日って子供の送り迎えがとっても憂鬱。
お迎えに行っている途中で、急に降り始めたどうしよう!なんてこともよくあります。

レインカバーをいちいち付け外すのは面倒だけど、カバーが劣化しちゃうし駐輪場で隣の人の邪魔になっちゃうし。
簡単に付け外せて雨の日だけ使えたらいいのにな、と思うママさんパパさんは多いのではないでしょうか。

そんなお悩みのあるご家庭に是非読んで頂きたい記事になっていますので参考にしてみてください!

ノロッカをつけっぱなしに「しない」ことのメリット

レインカバーはつけっぱなしにしたくない!
でも朝の忙しいときに付け外しをする時間がないのが正直なところ。
まず、つけっぱなしにしないことで生まれるメリットをご紹介します。

暑さも安心

レインカバーが必要になるのって雨の日ですよね。
面倒だから晴れの日もそのままつけっぱなしにしちゃえとすると、走行時に困るのはお子さんです。

晴れた暑い日に、気温でムワッとしたカバーの中に乗っているのはとてもストレス。
自転車で走っているときって風を感じて爽快で気持ちいいものですね。
暑くて嫌だよ~なんてごねられて朝から機嫌悪くなるのは親としても困ってしまうところ。
つけっぱなしにせず、晴れた日はさっと外して走行すれば子供もご機嫌になってくれるかも!

強風も安心

これは親子どちらにもメリットがありますね。
強風時の自転車で走るときってぐらぐらして少しヒヤッとすることも。
でも徒歩だと間に合わないし、車は持っていないし、という家庭では多少の風なら自転車で行くこともしばしば。

ただでさえ子供が後ろで揺れたりふざけたりするとぐらぐらするのに、そこに強風が吹くと更に危険。
そして強風時のレインカバーって風に煽られてより不安定になってしまうのです。
取り外すことで自転車も倒れにくくなるので、強風時はつけっぱなしにしないほうが安全です。

長持ち安心

これは親にとっての最大のメリットかもしれません。
せっかく買ったレインカバー、できれば少しでも長持ちさせたいものです。

子供の送迎時に必須だからせめて未就園児の間だけでも綺麗に使いたいところ。
二人目のお子さんがいる場合、その子が使うときにまで大事にしたいですよね。
つけっぱなしにしてしまうとどうしてもカバーが色あせてしまったり、ほこりや黄砂がついて汚れが目立ってしまいます。
子供がファスナーをいじったりすることで壊れてしまうことだってあります。

長く、綺麗に使うためにもつけっぱなしにせず雨の日に使ったら外してあげることでメリットがたくさんありますね。

ノロッカなら専用の収納袋が付いているため、雨が降りそうな日は袋に入れて持ち運べばばいざというときさっとかぶすことができます。

でもつけっぱなしにしておけばすぐに使えるし、ズボラな私はつけっぱなしにしてしまうな~と考えてしまう気持ちはすごくわかります!
子供のお世話に日々追われるので少しでも楽をしたいですよね。

そんな気持ちに寄り添ってくれるノロッカチャイルドシート用レインカバーは、着脱自由でさっと畳んでさっとつけられちゃいます!

スポンサーリンク

ノロッカの畳み方

フロントシートタイプ

①通気口を手前にもって折り畳んでいく
(お腹で支えながらだとやりやすい)
②窓の部分をくるっと巻いて収納袋に入れたら出来上がり!

リヤシートタイプ

①最初に前面パネル、次にドア側を折りたたむ。
②両端を後ろに折りたたみ、右手で中心を押し込む。
③コンパクトにして収納袋に入れたら出来上がり!

公式HPにはフロントシート用・リヤシート用それぞれのメーカーごと詳細に動画がUPされています。

とても丁寧で分かりやすい動画なので是非参考にしてみてください。
購入前にイメージしておくと、実際に使うときより取り外しがスムーズになるでしょう。
無理やり押し込もうとするとフレームが壊れてしまう可能性があるので優しく取り扱ってくださいね。

畳むことに慣れれば取り出すときも簡単に取り出せて、つけるときも楽々できちゃいます。
カバーを取り付けるときは、専用ヒネリ留具をチャイルドシートに取り付けたら上からばさっとカバーをかぶせます。
あとはバックルをつけて固定するだけです。

たった30秒でぱっと取り付けられるという謳い文句のとおり、とっても簡単ですね!

スポンサーリンク

ノロッカの口コミレビュー デメリットはある?

着脱することのメリットや畳み方はわかったけど、実際は使いやすいのか気になるところ。
デメリットも含めて口コミを調べてみました!

・高さもあり空間が広いから子供が喜んでます

・公式動画がわかりやすくて簡単につけ外しできる!

・盗難が心配なので取り外しはマスト

・普段自転車に乗らないパパも教えたらすぐに取り付けられていた

・防寒&小雨の時用に購入したので寒さ対策ができました

・横がガバッと開くので子供が自分で乗り降りしてくれて楽(リヤシート用)

取り外しが簡単という声と、子供が「テントみたい!」と喜んでいるという声が多数見つかりました。

デメリットを探したところ、皆さんがあげている声に「カラー展開が暗い」というものがありました。

これまでは、オリーブ/ブラック/ブルーグレイの3色展開でした。
たしかに、3色とも暗い色味ですね。
お洒落で自転車にも馴染む色ですが、夜間など車から目立つ色ではなさそうです。

他社製品ではピンクやパープルなど派手な色味も販売されているので、子供をもつ親としてはお洒落さよりも安全に走行したいという気持ちはよくわかります。

どのような対策をしているかも口コミを調べたところ、目立つように反射板を貼っているという声を見つけたので参考にしてみてください。

こちらについては販売元にその声が届いたのか、新色も!
スモーキーピンク・スモーキーブルーも加わり、販売されています。

まとめ

これまでにノロッカのチャイルドシート用レインカバーをご紹介してきました。

カバーをつけっぱなしにしないメリットを読むと、走行中の子供の安全のためにもやっぱりつけっぱなしは控えたほうが良さそうですね。

また、口コミでは暖色系のカラーを望む声もありましたが、取り付けが簡単という声がなによりも多かったです。

商品の特徴である、

・通気メッシュなので息苦しくない
・立体構造なので広い
・前窓が開くので雨上がりは開けて快適に!

という点を見ても、乗っているお子さんの満足度も高いようです。

ノロッカのチャイルドシート用レインカバーを使って、憂鬱になってしまう雨の日のお出かけが手軽に楽しく過ごしたいですね!

タイトルとURLをコピーしました