アルミ弁当箱の絵が消えるからリメイクしたよ!100均シールで簡単にできた!

子供グッズ
スポンサーリンク

アルミ弁当箱のイラストが剥げて、みすぼらしい状態だったので、ダイソーのシールを使ってリメイクしました。

100均のシールでも充分!
むしろ もともとのイラストより長持ちしています…

消えかけのプリントを全部はがして
クリアシールを貼っただけ!

この記事は、アルミ弁当箱のリメイク手順を記録しています。

リメイクしてから4か月後のお弁当箱の状態もお伝えしますね♪

アルミ弁当箱の絵が消える

年少の三女が保育園に持って行ってるアルミのお弁当箱。

4月から使い始めたのですが、
半年たった頃にはフタのイラストが剥げてこんなことに…

完全に剥がれてしまっているわけではありませんが、ところどころ消えかけていて、なんだか汚らしく見えます。

ちなみに、購入したのはこちらの商品。

イラストが剥げてしまう原因はいろいろあります。

とくに気をつけて扱っていたわけではないので、しょうがない。
それでももう少し長持ちすると思っていたよ…

アルミ弁当箱のリメイクスタート!

今あるお弁当箱のリメイクなので、消えかけのイラストを取る作業からになります。

それから新しい絵を付けていく…
という流れですね。

お弁当箱のイラストをきれいに剥がす

定規でゴリゴリ擦っていきます。

角っこではなく、定規の平らな面を使ってそぎ落とす感じ。

次女が手伝ってくれました。
大して力も入れなくて良くて、6歳児でも簡単にできる作業です。

ガーシガーシとこすって落としていきますよ。さよならトトロ。

 

イラストを全部剥がしたら、こんな感じになりました。

プリントは見えなくなったもの、なんとなく跡が残っていますね…

跡が気になるので、メラミンスポンジでこすってみました。

変化なし。

気持~~~ち、薄くなったような気もしますが、まだまだ残ってますね。

除光液を使えばよかったのですが、忘れてて切らしていたもので断念。
スポンジでこすっても、これ以上は落ちる気配がないし、諦めました。

シールを貼る

次は、新しいイラストをつけていきます。

今回はダイソーのシールを使用しました。


使いかけの写真ですみません。

いろいろなものに貼ってデコレートできるクリアシールです。
ディズニープリンセスのもので、三女がチョイスしたのはジャスミン‼︎

こちらのシールを貼っていきます。

といっても、特にコツなどはありません。
大きいものでもないですし、張りがあるシールだったので空気が入っちゃうこともなく、ペタっと貼れました。

メインのジャスミンがど真ん中にくるようにと、位置を気をつけたくらいです。

メインの大きめシールを貼ったら、あとはランプや魔法のじゅうたんなど、小さなパーツを隙間に貼っていきます。

これは三女にやってもらいました。重ならないように気をつけましょう。

以上。
完成。

めっちゃ簡単。

 

が、しかし。

うーん やっぱりトトロイラストの剥がし跡が気になるなぁ…
除光液があればもっときれいに剥がすことができたと思いますが、もう遅し。

けれども三女は大喜びでした。
「ジャスミンのお弁当ー♪」「先生に見せよっと」と大満足の様子。

何よりです。

スポンサーリンク

時間がたってきれいになった弁当箱

イラストが剥がれてしまったお弁当箱のリメイクをしたのが10月。

4ヶ月ほど経過した、2月某日に撮影したのがこちら。

なんだかきれいになってませんか。

気になっていた、元のイラストの剥がし跡がきれいに落ちて(毎日洗うからね!)シールが目立つようになってきました。

肝心のシールはというと、剥がれてくることもなく、隙間に水分が入ってカビたりしたらヤダな。と懸念していた点もクリア!

貼った時の状態を保っています。

シールのイラストが剥げてきた…
なんてことも今のところありません。

結果オーライでおおむね満足です!

スポンサーリンク

まとめ。最初から自力でデコレーションすればよかった

結果的に、もともとのイラストを剥がす作業が一番大変でした。

で、思ったのは
「初めからシールを貼ることを前提として、無地のアルミ弁当箱を買えばよかった」
です。

これなら最初から、フタの表面もきれいです。シールを貼るだけで完成♪

お気に入りのシールを貼れば、オリジナルなお弁当箱ができますよ。
子供と一緒に簡単にでき、楽しかったです。

タイトルとURLをコピーしました