子供の傘はどこで買う?サイズなどの選び方や丈夫な傘を紹介!

子供グッズ
スポンサーリンク

子供用の傘は、LoFTや東急ハンズなどの雑貨屋さんで購入できます。
または、
お近くのショッピングモールの小学生向けキャラクターグッズが販売されているショップでも多数取り揃えています。

もちろん通販サイトも豊富です。
男女ともにサイズも柄もたくさんありますよ。

骨組みが丈夫な『グラスファイバー素材』が人気ですね。

お値段もお手頃です。

この記事では、
☆小学校低学年から使える子供用傘はどこに売っている?

☆価格について

☆サイズなど、子供の傘の選び方

☆子供用傘のおすすめ

こんな内容をお届けします!

小学生の子供、特に低学年のうちは、傘は可愛さ・カッコよさだけでなく子供に必要な安全面を考えたものを購入された方がいいです。
ぜひ、参考にしてくださいね!

子供用の傘はどこに売ってる?

小学校入学とともに傘を新調しようと思ったけれど、どこで購入すればいいか分からない!という方もいるのではないでしょうか。

小学生低学年〜中学年くらいの子供用の傘は、店舗購入で全国展開されているショップですと、LoFTや東急ハンズで購入できます。

LoFTや東急ハンズがお近くにない場合は、ご近所のショッピングモールの小学生向けキャラクターグッズが販売されているショップでも売っていますよ。

サイズ展開も豊富で男女共に柄物やシンプルなもの、キャラクターなどさまざまな傘がおいてあります。

また、西松屋・しまむらなど、キッズ服を扱うショップでも販売していることがあるので、見てくださね。


100均や「3COINS」でも販売しています。


あとは、Amazonや楽天など通販サイトですね。
こちらは品数豊富に扱っています。

価格は?いくらくらいのものを買うべきか?

小学生は傘で遊んだり、振り回したり、引きずって歩くことも多々あり、すぐに壊してしまいます。
私の子供もすぐに壊したり、置き忘れたりしていました。本当にトホホ。。。です(涙)。

なので、あまり高価なものは購入していませんし、おすすめしません。
雑貨屋やファンシーショップでは、¥1,000くらいで購入できます。

軽くて丈夫な『グラスファイバー素材』の傘でも、¥1,000〜¥2,000くらいで購入できますよ。

壊しても失くしてもさほどガッカリせずにすむくらいのお値段がいいですね。

育子
育子

丁寧に扱ってくれるのが一番ですが

スポンサーリンク

子供用の傘のサイズはどうやって決める?

まず、子供用の傘のサイズ展開をご紹介します。

傘のサイズ 45cm → 4〜5歳 身長( 90〜105cm)
傘のサイズ 50cm → 5〜6歳 身長(105〜120cm)
傘のサイズ 55cm → 小学中学年 身長(120〜140cm)
傘のサイズ 58cm → 小学高学年 身長(140〜145cm)

※目安です

ちなみに表記されている傘のサイズですが、この長さの表記は
『傘の骨の長さ』なんです。
つまり、傘の中心部分(てっぺん)から円の端までの長さということです。

子供の傘の選び方にはポイントがある!

次に子供の傘選びのポイントをご紹介しますね。

耐久性のあるもの

小学生になると使い方が荒っぽくなることと、強風にも耐えられる強さがあるものをおすすめします。

骨組みが軽くて丈夫な『グラスファイバー』素材は人気です。グラスファイバーとは、ガラスを溶かし延ばして繊維状にした弾力のある素材です。

反射材(リフレクター)がついているもの

習い事などで少し遅くなる場合には、リフレクターのついたものが安全です。

または反射テープを貼るのもいいですね。

傘の先がとがっていないもの

子供は、傘で遊んだり振り回したりすることもありますし、悪気がなくても誤って自分の周りの人に傘が当たってしまうこともありますよね。
先端が丸みを帯びているものがより安全です。

傘の使い方については、小さな頃から親子で会話しておくことも大切です。

傘の一部分に透明なカ所があるもの

特に小学校低学年の子供には、傘の一部分が透明になっているものがオススメです。
歩行者や車が見えやすく、注意しながら歩くことができます。


このようなタイプのものですね。

手開きタイプのもの

ワンタッチジャンプ式と手開きタイプがありますが、低学年の間は周りをよく確認する力が足りない場合も多いので、安全性を考えて手開きタイプがいいです。
ワンタッチジャンプ式は、高学年くらいになってからにしましょう。

ネームタグのあるもの

子供用の傘にはネームタグがついているものが多数出ています。
記名は、間違い防止にもなるので子供自身も安心です。

スポンサーリンク

丈夫で長持ち♪子供用傘のおすすめはこれ!

通販サイトからいくつかピックアップしてみました!
たくさんありますが、先ほどの選び方ポイントを参考にしてください。

ジャンプ傘ではあるものの…

ジャンプ傘という点は気になりますが、
・骨組みがグラスファイバー
・反射テープつき
・先端の丸み
・ネームタグつき
・透明部分あり

その他のポイントは全てクリアしているものです。

シンプルで飽きのこないデザインです。

こちらは男女ともにカラーが豊富!

手開きタイプ

指を挟まない仕組みになっている手開きの傘です。

こちらは反射テープはついていないので、後でつけてもいいですね。
女の子らしい可愛らしいデザインです!

さらにコチラは全てのポイントをクリアしている優れもの♬

 

スポンサーリンク

まとめ

我が家は、低学年の間は本当にすぐに壊したり、破れたりの破損が多く危なっかしいところがありました。
高学年になるにつれて落ち着いてくることを願います…

子供たちが雨の日も楽しく歩けて、保護者の方も安心できる傘が見つかるといいですね!

タイトルとURLをコピーしました